鹿チャンネル

旅行好き食いしん坊の鹿と申します。

IHG Spire Eliteの特典改悪?CP大阪でのラウンジアクセスは不可に


来月ですが仕事後から大阪市内で予定があるので終わるのも遅いだろうしそのままどこかホテルに泊まろうかと考えながらマリオット、SPG、IHG、ヒルトンを中心に目ぼしいプランを探していました。
するとクラウンプラザ大阪(以下「CP大阪」)がなかなか手ごろだったのでキャンセル可のプランで一応予約。
CP大阪はこの宿泊以来です。
www.shikachannel.com

昨年(2017)6月時点ではスパイアエリートはクラブラウンジ利用できました

このホテルでは「ANAクラウンプラザホテル大阪よりのおもてなし」ということでスパイアエリートにはクラブラウンジの利用が認められています。
※Spire Eliteはスパイアエリートのカタカナ表記で統一しますね
※画像は前回の宿泊時時点のもの
f:id:shikachannel:20170531085411j:plain

前回の宿泊時のおさらいですが部屋はアップグレードによってクラブフロアになりましたがラウンジアクセスの考え方はクラブフロアにアップされたからラウンジアクセスが付いたのではなく、あくまでもスパイアエリートへの特典としてラウンジアクセスが認められていました。
ですので仮にクラブフロアへ宿泊(アップ)していなくてもラウンジアクセスはOKという考え方でした。
前回宿泊時にラウンジスタッフに確認した通り
UGでクラブフロア宿泊になった=ラウンジ利用可
ではなく
スパイアエリート=ラウンジアクセス可
というやり取りでした。

「今回はクラブフロアにアップグレードして頂いてラウンジまで利用させて頂けるとは思いませんでした。」


「スパイアエリート様へクラウンプラザ大阪独自のサービスです。2月中旬からこのサービスを開始しました。」


「私が今回クラブフロアに宿泊だからですか?」


「クラウンプラザ大阪から順次、スパイア会員様はラウンジをご利用頂けるサービスをテスト的に始めました。ポイント宿泊時でもラウンジをご利用頂けますよ。」

てな会話でした。
www.shikachannel.com
過去のブログを見ていて会話の中に出てくる「スパイア会員様はラウンジをご利用頂けるサービスをテスト的に始めました。」という「テスト的」の部分が気になったので念のためにホテルにスパイアエリートへの特典としてラウンジ利用は今でも可能なのか?を確認してみました。



ラウンジ利用可否の結論は?

結果から言いますとスパイアエリートのラウンジアクセスは不可になりました!

宿泊予約担当の説明は以下。
「規約変更に伴いクラブフロアで予約された方以外はスパイアエリート会員様でもクラブラウンジをご利用頂けません。ただし別途7,000円お支払い頂くことでクラブフロア以外の宿泊者でもクラブラウンジをご利用頂けます。」
と。
いくらスパイアエリートでもアップグレードによってクラブフロアになった人はラウンジ使えませ~ん。使いたかったらお金払ってね!ということですね。
残念な変更ですね。確認しておいて良かった。

さっそく予約はキャンセルしましたw


まぁIHGではスパイアエリートであっても当初からラウンジアクセスのある部屋若しくはプランで予約をしていないとラウンジを利用できないというのは公然のルールです。
なので改悪というよりはCP大阪に限っては「テスト的に」行っていたサービスがもとのルールに戻ったという解釈に過ぎません。

この辺がマリオットやSPG、ヒルトンのように一定以上の会員レベルであればラウンジ利用はほぼデフォというサービスとは異なり、IHGは最上位レベルでも会員特典は渋めと言われる所以ですね。

ANAとIHGのステータスマッチについておもふ

現在対象者向けにANAのAMCダイヤモンドメンバーがIHGスパイアエリートへ、AMCプラチナ・ブロンズメンバーはIHGプラチナエリートへ、というステータスマッチが行われているようですがこれが吉とでるか凶とでるか。
というのもANAをはじめエアラインの多頻度客は贔屓にしている航空会社の上位ステータスを有していると同時にホテルの上位ステータスも獲得していることが多いようです。
日頃利用しているホテル以外の最上位レベルの会員資格を得られればお試しで利用してみようと考えるのが人情w
でもお試ししてみたIHGの最上位レベルの特典が「こんなものか」で終われば従来利用している会員プログラムに戻るわけですよね。
ちょっとした浮気から本気には発展せず一時的な、一回こっきりのワンナイトラブで終わる可能性も。
IHG側の狙いとしては他のFSPから顧客を奪いたいのにむしろ引き抜きたい顧客が日頃贔屓にしているFSPの良さを再認識させてしまう。というような結末にならないかなと勝手に心配しています。
IHGのスパイアは宿泊によるポイントが+100%付くなどメリットもあるのですがコレはIHGを使い続けている顧客には嬉しい特典ですが、IHGに鞍替えするならまだしも一時的なお試し会員向けの利点ではないですよね。

CP大阪のスパイアエリート向けのサービス変更からANA、IHG間のステータスマッチにまで話しが発展し取りとめがなくなってきましたが、来月の大阪宿泊のホテル選び、CP大阪はラウンジ使えないようなのでキャンセルしたよ~という話しでしたw

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


人気ブログランキング